スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山北尾根ツアー

思いがけない春の雪の中、北尾根の響きにぴったりの山行を楽しむことができました。
DSC06568.jpg
北尾根の絶景ポイントからの丹沢三峰を望みます。
DSC06514.jpg
ヤビツ峠から大山へのイタツミ尾根は霧氷のトンネルになっています。
DSC06536.jpg
大山山頂の社について一息入ります。
DSC06553.jpg
北尾根は時折、強い風が吹きます。北尾根の厳しさを体験できました。
この尾根尾の主のブナの木には殻が付いてます。解説を聞いて見上げます。
DSC06564.jpg
北尾根から見る表尾根の連なり。北斜面は雪の付き方もしっかり、真冬の様相です。
DSC06601.jpg
見晴し台での記念撮影。雪道で歩きにくい中を皆さんしっかりと歩いていただきました。
スポンサーサイト

丹沢表尾根クリーン大作戦

28日、大倉とヤビツ峠の二方向から丹沢の清掃作業が行われました。
DSC06605.jpg
ヤビツ峠は氷点下寒さ、秦野市長の挨拶がありました。聞き入る面々。
DSC06609.jpg
二の塔までの登山道で思いがけない霧氷の歓迎を受けました。大きく発達しています。
DSC06611.jpg
登山道にはほとんど目につきませんが、それでも背負子にこんなになりました。
DSC06621.jpg
三の塔避難小屋前での記念撮影。これからまだ作業は続きます。
DSC06243.jpg
3月13日に行われた書策(カイサク)小屋解体後の様子。背景は秦野市街。

シダンゴ山から

春うららかなシダンゴ山からの便りです

DSC06308.jpg
ここはアルプス? 鍋割峠の向こうに連なる丹沢1600mの峰々です。

DSC06309.jpg
大山から連なる丹沢表尾根、三の塔の台形が美しい。

DSC06277.jpg
アブラチャンの花、ツアーのころが丁度見ごろでしょう。

DSC06304.jpg
山頂はアセビの花が満開です。道すがら他にもたくさんの花に出会いました。


ひととき

やまざと時間 準備編(カツの木)

門入道という飾り物はカツの木で作るので、事前に切り出して搬出です。
(画像をクリックすると、写真が少し大きくなります)
F1000103-a.jpg

雪の残る河川敷の向こうで、カツの木をチェンソーで切っています。
F1000096-a.jpg

川に橋をかけ、バランスを取りながら、担いで運びます。
F1000099-1.jpg

指揮官により、最後の木が搬出されました。
F1000107-1.jpg

荷台に固定して、倉庫まで運びます。
P2070029-a.jpg

倉庫の中に運んでおけば、雪が降っても安心です。
P2070045-1.jpg

土地の方が作業に出て下さったお陰で、スムーズに作業を終えることができました。
感謝と共に、スタッフ一同、ほっと一息です。
P2070040-1.jpg

このように、天候を見ながら、事前準備を着々と片付けていきます。  (十姫)

西沢に春が来た(森ツアー下見)

DSC06177.jpg
イラガの繭、白と茶のしゃれたデザインですね。
DSC06163.jpg
早春は何といっても、このミツマタの花です。
DSC06164.jpg
この冬芽は何の木のものでしょう。こんなのもこの時期ならでは。
DSC06167_20100308183310.jpg
この泥遊びは誰のしわざ?ヤマアカガエルの卵がいっぱいです。
DSC06187.jpg
本棚のほとばしりはいつ見ても素晴らしい。全景は滝のそばで。
プロフィール

タンザマン

Author:タンザマン
丹沢自然学校のブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。