スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧雨の畦ヶ丸を歩きました。

100529畦ヶ丸 092
雲の中を歩く、幻想的な畦ヶ丸です。山頂でハイチーズ。
DSC07528.jpg
柔らかい光の中、あたりはまさに幽玄の世界。
DSC07523.jpg
見上げるのはシロヤシオ。葉を広げた木々の下に雨は落ちてきません。
DSC07520.jpg
ブナの倒木にハリギリの若木が。素敵なオブジェになりました。
DSC07524.jpg
ツチグリは雨を受けて胞子を吐きだします。それにしても面白い形ですね。
DSC07536.jpg
淡い光を受けたシロヤシオの花を見上げました。雨の中もやはり美しかった。
DSC07542.jpg
藤の花をバックにゴール地点の橋の上で集合写真。皆さまにはいいペースであるいていただきました。
ありがとうございました。
6月5日(土)は「花の畦ヶ丸ツアー」最終回です。
山は毎回違った表情で私たちを迎えてくれます。次はどんな世界を見せてくれるでしょうか。

〈ひととき)
スポンサーサイト

畦ヶ丸アーが始まりました。

畦ヶ丸はツツジなど花々の見ごろを迎えています。
DSC07497.jpg
シロヤシオは木によって花のつき方が違い、それぞれに趣があり見飽きません。うつむき加減に咲くシロヤシオは下から見ても花がよく見えます。皆さんの見上げる表情も柔らかいですね。
DSC07488.jpg
やや派手目のシロヤシオの花です。それでもこの落ち着き。赤い縁取りのある5枚の葉もきれいです。
DSC07485.jpg
緑の中にひときわ映える紫の花。トウゴクミツバツツジは一気に花の季節を迎えていました。
DSC07476.jpg
緑の空気を味わい、野鳥の声に耳を傾けながらゆっくりと歩きます。後ろから来る登山客に道を譲るところ。

沢筋に咲く小さな花、深い山でしか聴くことのできない野鳥の声、
さまざまな木々に咲く花、ブナの緑。週末を畦ヶ丸で過ごしてみませんか。
朝早い時間の集合です。電車バスの時間を確認してくださいね。
(ひととき)

畦ヶ丸(その2)

畦ヶ丸はブナの森です。
DSC07415.jpg
大きく枝を広げたブナを見上げました。
DSC07394.jpg
ケウツギの濃い赤紫の花。またの名をビロードウツギと言います。 
DSC07420.jpg
ミツバツツジの花。花期は次のシロヤシオに移っています。
DSC07441.jpg
シロヤシオの純白の花。うつむき加減に咲く花は下から見上げてもよく見えます。
DSC07469.jpg
ヤマツツジのオレンジも魅力的です。
DSC07451.jpg
畦ヶ丸の稜線からは数少ないビューポイント。檜洞丸、石棚山稜を望みます。

花の畦ヶ丸ツアーは5月22日から3週連続で行われます。
土曜日は畦ヶ丸を訪れませんか。

(ひととき)

大滝橋-畦ヶ丸-西丹沢

大滝橋からは沢筋に沿って歩きます。
007.jpg
新緑とせせらぎはよく似合います。ミソサザイの声が元気です。
031.jpg
この季節はこんな花も。ギンリョウソウは別名ユウレイタケ。確かにキノコにも見えますが、立派な植物です。
033_20100510191231.jpg
こちらはヤマウツボです。数か所で確認しました。
072.jpg
10cmほどになったブナの幼木、大きくなって欲しいですね。
078.jpg
開花を待つシロヤシオのつぼみ。畦ヶ丸にはかなりの数のシロヤシオの木があること気がつきました。
写真ではお伝えできませんがたくさんの野鳥の声を聞くことができました。
畦ヶ丸ツアーは5月22日から3週連続で行われます。
(ひととき)

快晴の檜洞丸を歩きました。

まさに五月晴れと呼ぶにふさわしいさわやかな好天に恵まれました。
036.jpg
順調に肩のベンチにつきました。ここからの景色がこの日は本当に素晴らしかった。
自然に笑顔が出てきます。
037.jpg
その眺めがこれ。遠く白く見えるのは南アルプスの峰々です。八ヶ岳も望めました。

042.jpg
まだ早春の稜線、木道を歩けば山頂はもう一息。
オオバイケイソウの緑も鮮やかです。
047.jpg
丹沢の地図では数少ない1600mの峰、檜洞丸山頂での記念撮影です。
表情には皆さん余裕がありますね。(ひととき)


プロフィール

タンザマン

Author:タンザマン
丹沢自然学校のブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。