西丹沢の伝説の峠、犬越路、最新情報

柔らかい日差しの中、初冬の山道を歩いてきました。
DSC01718.jpg
犬越路の峠上、大杉丸からの富士の眺望。雪のつき具合は例年より少ないようです。

DSC01688.jpg
冬支度は終わっているのでしょうか。斜めブナを黄色が美しいチドリノキが彩ります。

DSC01701.jpg
緑の少ない中、苔の中にカモフラージュを試みるトビナナフシ。この時期はナナフシに会えるのです。

DSC01705.jpg
峠まであと一息の斜面を彩るカエデの紅葉、他の樹種はすっかり葉を落としています。カエデは立派ですね。

DSC01711.jpg
犬越路の峠から大杉山方面の斜面を望みます。一筋の飛行機雲もこの季節ならでは。

DSC01713.jpg
峠から見る大笄(おおこうげ)、檜洞丸、石棚山稜の山並。山がよく見えるのもこの季節です。

犬越路ツアーは12月4日(日)、11日(日)、23日(祝)に行われます。
西丹沢の奥に続く峠道と眺望をお楽しみください。

尚、参加費5,000円のところを4,000円で提供しております。
この機会をご活用ください。

お会いする日を楽しみにしております。

<ひととき>



スポンサーサイト

畦ヶ丸、最新情報

畦ヶ丸の撮りたての秋を紹介いたします。
DSC01504.jpg
コミネカエデの赤が苔の緑に似合います。

DSC01526.jpg
木立の中の黄葉。私の腕では森の広がりを出せないですね。

DSC01460.jpg
あちらこちらで見られる緑と赤の静寂。

DSC01493.jpg
畦ヶ丸にはすっと立ったブナが多いようです。

DSC01568.jpg
アオハダの実がこんないいっぱい。

DSC01543.jpg
谷を覆う色づいた木々を見下ろします。

畦ヶ丸ツアーは11月19日、26日に予定されています。
神奈川の奥座敷西丹沢の中でも深い森、畦ヶ丸の秋色を楽しみませんか。
お申し込みはホームページ、またはファックスでお願いいたします。

(ひととき)

箱根 明神ヶ岳、なだらかな日当たりのよい道に秋の花を探しました。

最乗寺から明神ヶ岳の道は大きな杉の巨木に囲まれてゆっくりと始まりました。
DSC01411.jpg
この杉のたたずまい、「戸隠よりもいいわね」と言っていただきました。ほんとに見事です。

DSC01424.jpg
山頂での記念撮影。良い表情ですね。富士が隠れてしまったのがちょっと残念ですが。

DSC01427.jpg
古外輪山の道はハコネザサが続きます。今来た道を振り返ると新鮮な景色に出会えます。

DSC01426.jpg
この金色の実はなんでしょう。hekusokazuraなんて誰がつけたのでしょうね。この発見はお客様の言葉からでした。

楽しい一日でした。

(ひととき)

楽しんでいただけましたか?

高い雲が広がっていましたが展望はバッチリ。UVの心配もありません。
DSC01405.jpg
薄い雲が墨絵のような美しいグラデーションを見せてくれます。向かいの山の紅葉が色合いを添えます。

DSC01399.jpg
最後の急な上りも終わり、肩の休憩地点で一息入れます。遠くに見えるのは八ヶ岳、その左には南アルプスが連なります。

DSC01404.jpg
木道からぶなの様子を見ます。
今年はブナハバチに葉を食べつくされたものも多いのですが、新しい葉を出しています。周りの葉が落ちた今も緑色をして、栄養を取ろうとしています。木にとっては大変なことで来年が心配です。


ひととき
プロフィール

タンザマン

Author:タンザマン
丹沢自然学校のブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード