畦ヶ丸を歩いてきました

6月14日、畦ヶ丸を歩いてきました。
コースは、大滝橋~畦ヶ丸~西丹沢自然教室という定番コースです。

●バスは満員
新松田駅7時20分発のバスは増発が出る位の人がいて、定時バスは満員で立っている方もいました。増発が玄倉あたりで追いついたので、良く見たところ、増発バスの方は全員座っているようで、立っている方はいませんでした。
増発バスに乗った方が、楽に行けることも多く、また定時バスとほぼ同じ時刻に到着して、下手をすると定時バスの後ろの人よりも早く出ることができることもあり、どちらに乗るべきか悩ましいところです。
ちなみに、8時台のバスも増発が出たとのことです。
この日は、不老山(サンショウバラ目当て?で浅瀬下車)と檜洞丸(ツツジ目当て?で西丹沢下車)の登山客が多かったようです。
でも、来週は、これらの花が終わる時期なので、ここまで混むことはないと思っています。

●コースの様子
このコースには、畦ヶ丸山頂近くにある避難小屋と、下山口(反対から行くと登山口)の西丹沢自然教室にしかトイレが無いので、新松田駅で済ませておきました。
登山道の様子は、倒木が登山道にかかっているところもありますが、邪魔にはならず通行には全く支障はありません。また、沢にかかる丸太の橋も(大雨の後は流されることもあります)問題なく、快適に歩くことが出来ました。

●自然の様子
この日は沢沿いは、ウツギの仲間が色々なところで咲いていたのが目立ちました。
ウツギ2

この時期は白い花を良く見かけます。(写真はガマズミ)
ガマズミ

白い花というよりも、全体が白い植物、ギンリョウソウも、この時期ですね。(ぶれていて、しかもピントが甘くて、ごめんなさい)
ギンリョウソウ

歩いていると、途中でミズナラと思われる葉が色々なところで落ちていました。葉の付け根を見ると虫か何かにかじられたような跡があり、わざと落とされたかのように見えます。誰の仕業でしょうね。
ミズナラ

これとは別に、ジンガサハムシを見つけました。
ハムシの一種で、これは町中にもいるようですが、透明な羽を持ち、太陽の光を反射して銀色に輝いていたので、気が付きました。ハムシはあまり良い印象が無いのですが、見た目がきれいな種類もあって、それに出会うとうれしくなります。
ジンガサハムシ

途中で、イワタバコの葉の成長具合を見てみると、大きなものでは10センチを越えるものもありました。花が楽しみです。
イワタバコ

頂上近くにある避難小屋横(ベンチ脇)では、サラサドウダンが花をつけていました。
サラサドウダン

西丹沢自然教室の近くでは、カジカガエルが鳴いていました。
トーナル岩がごろごろしている河原では、一見保護色のようで、見つけにくいのですが、写真の中に一匹います。
さて、どこにいるでしょうか?
カジカガエル

そして、近寄って写してみました。
カジカガエル2

鳴いているときは、岩の上にいることが多いようです。

この日、山頂近くではハルゼミが鳴いていました。写真に納めることは出来ませんでしたが、梅雨の晴れ間に、丹沢を歩くと、夏鳥だけでなく、ハルゼミも賑やかですね。


(いがいが)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

タンザマン

Author:タンザマン
丹沢自然学校のブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード