スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹沢の峰を行けば

西丹沢は檜洞丸に久しぶりに足を運びました。今年は例年よりミツバツツジの花の付き具合がいいようです。
081_20130420215553.jpg
軽やかな木々の緑も魅力なのがこの季節です。リョウブ〈令部)はその葉を食糧にするために国が栽培を奨励したとか。

091.jpg
ミツバツツジの紫はすぐに目に飛び込んできます。山頂付近は新緑もこれから、明るい色に乏しいこの季節に嬉しい色です。

122.jpg
やがて檜洞丸の広い山稜を覆い尽くすオオバイケイソウもこの季節は新鮮な緑が美しい。

141.jpg
臼が岳からみる丹沢最高峰の蛭が岳と丹沢山までの稜線。新葉の展開はもう少し先のようです。

157.jpg
1600Mの稜線はまだ春が始まったばかり。そんな季節に会えるのがこの花、野生の桜草、コイワザクラです。

175.jpg
もう一つのスプリングエフェメラル〈春の妖精)、キクザキイチゲは紫と白とピンクの花で迎えてくれます。
私のカメラでは色が出ませんが、実際はムラサキツユクサのような紫でした。


初夏の山ツアーが始まります。花と緑と鳥の声を求めて歩いてみませんか。

〈ひととき〉
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

タンザマン

Author:タンザマン
丹沢自然学校のブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。