スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしがらのひなまつり

2009FEB21_003.jpgなにやら、ねずみ、柿の実、岐阜のさるぼぼ等のようなものがありますね。

2月17日(火)~3月18日(日)の間、「森と里のひなまつり-雛の競艶」と題して、丹沢の麓、足柄地区の2箇所の会場で、ひな祭りにちなんで、お雛さまと吊し飾りが展示されています。
この写真は、吊し飾り、または吊し雛と呼ばれるものです。
吊し飾りは、端布で作ったぬいぐるみを糸で結んで、雛飾りのまわりにつるして子供の成長や幸せを願うものという意味があるそうです。また、それぞれ、いわれがあるそうで、例えば俵ねずみは、俵で五穀に不自由しないように、ねずみは多産で働き者になるようにという気持ちを込めているそうです。

少し離れて写してみました。いかがでしょうか。
2009FEB21_004.jpg

これは、雛飾りのごくごく一部ですが、里の会場と名付けられている、開成町の金井島地区にある「瀬戸屋敷」で展示されています2009FEB21_002.jpg。(写真:瀬戸屋敷の外観)

2009FEB21_001.jpg瀬戸屋敷のある金井島では田んぼや畑が広がり、丹沢や箱根の山を近くに見ることが出来ます。
写真上部中央付近にある山は、大野山になります。

もう一つの会場の森の会場となっている南足柄市郷土資料館は、大雄山線の終点大雄山駅から、さらに先にある丸太の森園内にあります。瀬戸屋敷から距離があるため、会場間を結ぶ無料シャトルバスが運行されています。乗車中は、南足柄市の観光ボランティアの方が、車窓からの眺めを見ながらガイドをしてくれます。
ちなみに、開成駅から瀬戸屋敷までの間もシャトルバスが運行されていますが、こちらは料金が片道150円とのことです。
ここからは、森のひな祭り会場のようすですが、これもごく一部のみ紹介します。
2009FEB21_007.jpg
昭和初期の小さな五段飾りです。人形の高さは高いものでも10センチあるかないかというくらいの大きさで、とても小さく作られています。

2009FEB21_005.jpg雛飾りには様式がいくつかあり、例えば、御殿飾りと呼ばれるものや段飾りと呼ばれるものなどがあるそうです。

2009FEB21_006.jpgこちらは、昭和40年代のころの雛飾りです。

2009FEB21_008.jpgガラスケース入りの雛飾りです。

なお、ひな祭りの期間中は、ちりめん細工体験教室(瀬戸屋敷)というイベントがあるようです。


最後になりましたが、開成町のお隣の松田町では、まつだ桜まつりも行われていて(1月17日~3月19日)、こちらも多くの人で賑わっています。

(いがいが)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

かわいすぎる!

吊し雛かわいい~ですね。
吊し雛は、新聞記事でも3月のひなまつりによく目にするものですが
これは全国共通のものなのかしら?
身近な足柄地区でも見れることができるなんてうれしいですね。

Re: かわいすぎる!

やまちゃんさま
コメントありがとうございます。
丹沢自然学校のいがいがと申します。

吊し雛は、静岡というか伊豆の稲取の方で始まったという説があり、地元でもそのように宣伝もしているようです。
段飾りを用意する余裕の無い家で、せめて簡単にでもお祝いをしたいということで、着物などを作った時に出る端布で作ったものが最初と言われているようです。
形は、動物あり食べ物ありと様々ですが、それぞれに子供を想う(例えば大過なく過ごせるようになどとの)いわれがあり、しかも手作りですから、見ていると、一針一針に込められた気持ちが伝わってくるように感じました。
今では、全国津々浦々とは言えないかも知れませんが、広く広まっているようです。

私が住むアパートの大家さんのお宅では、昨年生まれたお孫さんののために、段飾りの他に、吊し雛も飾っています。
(瀬戸屋敷に行った翌日に大家さん宅にお邪魔したのですが、玄関先にも飾ってある吊し雛を見つけて、偶然とは言え、ちょっとびっくりでした。)
これは神奈川県川崎市(北部)での例ですが、そのような飾り付けをされているお宅もあるようです。

見事ですね

先週近くを通った時に気にはなったのですが、こちらも見ごたえが有りそうですね。来週末、帰りに瀬戸屋敷に寄って見ましょう。

Re: 見事ですね

ツノゼミさま

こちらにもコメントを頂きまして、ありがとうございます。

そうですね、見応え十分です。
見に行った21日は、午後に南足柄市内で行われた演劇も見に行く予定もあって、開演に間に合わせるために、この2つの会場を駆け足で巡りました。でも、もっとじっくり見たいなーと思わせられる充実ぶりでした。(ちなみに、お芝居は富士山の宝永噴火とその後の足柄地区の被害を題材にした時代劇です。)

見ていると、子供が無事成長することを願う親の気持ちが伝わってくるようでした。
世の中の暮らしや世相は変わっていきますが、このような気持ちは今も昔も変わらずにあるのですね。

それから、仕上がりの細やかなこと!
不器用な私は、その仕事の繊細さにも心引かれるものがありました。
さらに言うと、これは日本人ならではなのかも知れませんが、小さくするのが得意で、しかも、それが可愛いこと。
電機製品でも何でも小さくするのが得意と言われる日本人ですが、小さく作られた雛飾りを見ると、昔から、そのような文化があったのだなと思ったりもしました。
写真のうち、上から5番目にある昭和初期の小さな五段飾りは、本当に小さく作られていて、これを送られたお子さんは、さぞや喜んだのではないかと想像してしまいました。

しかも、どの雛飾りも、きれいに保存されていて、そのような点も驚きました。

とにかく、足を運ばれることをお奨めします。
瀬戸屋敷だけでなく、南足柄市郷土資料館のほうも是非!

行ってきましたよ

ご報告遅れましたが8日に里、森両方行って来ました。
里へ行っておでんを食し、森へ行ってお汁粉を。。。
でも、森。シャトルバスであそこまで連れて行かれるとは。
こっくりこっくりして着いて見たらびっくりでした、大雄山。

島崎藤村ゆかりのお雛様、五人囃の面白いこと。
妖しげな笑い顔は、夜な夜な宴会を開いてたとさ。
何て事は無いでしょうが、見ごたえタップリでした。

Re: 行ってきましたよ

おでんに、お汁粉!
私も時間があれば食べたかったのですが、お芝居の開演時間が頭にあったので、通過してしまいました。食いしん坊の私としては全く残念でありました。

シャトルバスですが、大雄山まで行くのですから、南足柄市、頑張っているなと思いました。
森の会場の手前には、来年の全国植樹祭の会場の一つが整備中で、そこではお手植え式が行われるというお話しもバスの中であったかと思います。

有名人ゆかりのおひな様もさることながら、個人の家でも代々引き継がれてきたおひな様には、色々な話や、そして思い出が詰まっているのだろうなと、ふと思ったりしたことを思いだしました。

ところで、ツノゼミさんという名前をみて、最近どこかで見たばかりだなと思っていましたが、会社で取っている朝日新聞の日曜版に、ツノゼミに関する連載があり、それを見たのを思い出しました。
ツノゼミさんは、既にチェック済みでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

タンザマン

Author:タンザマン
丹沢自然学校のブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。